Benjamin Fulford: ホワイト・ドラゴン・ソサエティー 仮想通貨ポートフォリオの最新情報 (2018年1月4日)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

By Benjamin Fulford

前回、仮想通貨の現況( Cryptocurrency State of Play)について初の報告をしたが、今後も市場の主な展開をまとめ、我々の投資ポートフォリオに反映し、その報告書を四半期ごとに公表していく。ホワイト・ドラゴン・ソサエティー(白龍会)は、広範囲にわたる機密諜報に精通しており、仮想通貨の知識もまた、ベンジャミン・フルフォードの読者の方々と共有していきたいと思う。

断っておくが、ここで提供する投資アドバイスに保障はない。「投資は上がるかもしれないし、下がるかもしれない。」投資をする時は良いエントリー・ポイント(入り口点)を見つけることが重要だ。ただ現在のところは、資本が早急に流入し続けているので、仮想通貨のほぼすべてが上昇を続けている。仮想通貨の早期投資家でありヘッジファンドマネージャーのMichael Novogratzの言葉を借りると「 流動性資産が消防ホースから吹き出てくる(firehose of liquidity)」状態である。

とにかく、ベンジャミンの読者の中で、前回の報告書を読み、利益を得た方がいたら嬉しく思う。2017年の第4四半期は仮想通貨の投資家になる時期としては最高のタイミングだった。

ご存知のとおり、2017年は仮想通貨にとって驚愕の年であった。特に第4四半期、仮想通貨を知らなかった人がビットコインを知り、その人たちがビットコインを買い始めるとその価格が急騰し、 ビットコインはメディアの注目を浴びた。この動きは様々な論議を醸した。ビットコインや仮想通貨全般は「バブル」なのかと。しかしこの論議は争点がずれているのである。

ビットコインが仮想通貨の時価総額表(market cap tables)のトップの座を保持し、他の仮想通貨の価格設定や、取引に使用される基盤通貨としてのポジションを保持できるかに関係なく、仮想通貨全般が今後も普及していくのは当然のこと。仮想通貨は、金融だけでなく、他のあらゆる業界にも変化を及ぼしている。これは以前、インターネットが世界を変化させていったのと同じ現象だ。

テクノロジーバブルというのは変革的なものだ(transformative events)。そのようなバブルに投資する場合、重要なのは、既存の産業を独特な形で混乱しうる、様々なスタートアップ・プロジェクトに投資して、多様性のあるポートフォリオを保持するということ。そうしたことから、我々のポートフォリオは、仮想通貨市場の広範囲かつ様々な分野(sectors)と関与することにしている。

ドットコムのバブルは史上最大級のバブルだったが、90年代後半にアマゾンの株や、その他テクノロジー関連の株を買い、長期保有した投資家は大儲けしたということを忘れないでほしい。もちろん、そのバブルは2001年に崩壊し、多くの企業が破産したり痛手を負ったりしたが、残った起業はさらなる進化を遂げている 。

我々の狙いとしては、ドットコムバブルをテンプレートとして利用し、ネット収入の大部分を構成している産業(広告、eコマース、ギャンブルなど)を考慮した上で、今回の一連のドットコム熱(最近のドメイン名は”.io”で終わるものが人気なので、ドットコム熱ならぬ、ドットアイオー熱という方が正しいかもしれない)において、混乱を起こそうとしているプロジェクトを多様に含んだポートフォリオを形成するということである。

AmazonやGoogleは、かつてそうであった、小さなスタートアップ企業ではなくなった。今では、新たな競合に脅かされるかもしれない、定着した権力の象徴である。ダウ式平均株価の、最初の12企業(original 12 companies)は、とうの昔に平均株価から除外された。ビジネスは変革と再生を常に繰り返している。

2017年はまさしく、仮想通貨が爆発し、メインストリームに乗った年として記憶に刻まれることだろう。Bitcoinは年間で約13倍上がった(1300%)。さらに業績が良かったのはEthereumで、 年間利益が70倍 (7000%)と言う記録を打ち出した。これほどの利益を見て、バリ在住の仮想通貨コメンテーターWilly Wooは、うまいことを言った。(quipped)「利益を測定するとき、昔の経済は、パーセント記号(%) を使うけど、新しい仮想通貨経済は、かけ算記号(x)を使うね」 と。

このような爆発的な利益がいつまでも続くわけがない。しかし、仮想通貨ベースの制度が、幅広い範囲において、従来の古い金融制度に取って代わる存在となり始めていることから、しばらくの間は、利益は増え続ける可能性がある。高過ぎる紙資産(ドルや財務省証券)からの大量流入がさらに勢いを増すかもしれない。真のバブル(もしくは ネズミ講(pyramid scheme))は、 米ドルだということを忘れないで欲しい。米ドルは史上最大級のバブルなのだ。

その偉大なバブルが無秩序に解体されていくのを見届けることができるのかはまだ分からない。 それが起こるのを期待している人たちも確かに存在する(MaxKeiser1, MaxKeiser2)。ホワイト・ドラゴン・ソサエティーの見解としては、既存の金融システムが無秩序に解体されることは人類にとって最大の利益をもたらすとは考えていない。

Bitcoin自体が米ドルのような「紙資産」の一つになるのかという疑問は、議論する価値が十分にある。2017年は金(ゴールド)にとって、2010年 (+13%)以来、初めて業績が良かった年だった。それは反対に米ドルが2003年以来で最悪の年になったことも起因している。仮想通貨は米ドルと違い、供給に限りがあるように設計されている。しかし、結局のところ、仮想通貨も米ドルと同様、元帳に入力されただけのものであり、言い換えれば「パソコン画面に映る数字」に過ぎない。

仮想通貨の弱点は、各仮想通貨は「マイニング」をする人たちの合意が基盤となっていて、その供給量は限られているにも関わらず、既存の仮想通貨を複製し、別の仮想通貨を作成することが非常に容易にできるということかもしれない。

そのため、仮想通貨の全体数は爆発的に増えている。Bitcoinに加えて、最近ではBitcoin Cash、 Bitcoin Gold、Bitcoin Diamond、Super Bitcoinなどが誕生した。その中でもBitcoinの座を奪いそうな強敵はBitcoin Cashではないだろうか。仮想通貨コミュニティーでも、Roger Verといった有名人がBitcoin Cashを支持している。

Bitcoinの問題は、Bitcoin自体の成功に悩まされているという点だ。現在、Bitcoinのネットワークはオーバー・ロード状態で非常に遅く、手数料も高騰している。仮想通貨の先駆者でありコメンテーターのCøbraはこの問題を(problems)を一連のツイートで取り上げ、Bitcoinのマイニングパワーは中国にいる数人の人たちの手に集中していると指摘した。(興味深いことに、彼のツイッターページのバナー画像は天安門広場の写真である。)

ということは、ある意味、Bitcoin は、Bitcoinネットワークのキャパシティに必要なアップグレードをせずに、高額な手数料を取り続けているマイナーたちに「人質に囚われている」状態だと言ってよいだろう。元々Bitcoinは、スピーディーで安価なデジタルキャッシュとして想定されていた。Bitcoinシステムに大幅なアップグレードをする計画が2017年にあったが、それが実現しなかった今、Bitcoinが元の想定通りに機能する可能性はゼロに等しい。

Bitcoinが「ゴールド2.0」として残る可能性はまだあるが、他の技術によってその座を奪われるリスクも存在することは確かだ。特に注目すべきは、EthereumWavesStellarのような、金(ゴールド)などのリアル資産をデジタル化・トークン化ができるようなプラットフォームである。

Stellarは仮想通貨の先駆者Jed McCalebによって開発された。彼の長年の仮想通貨やピアツーピア・テクノロジーへの取り組みは、2015年のNew York Observerの長編記事「The Race to Replace Bitcoin.(Bitcoinの座を奪う競争)」に細かく紹介されている。記事でMcCalebは、プロジェクトを立ち上げても、結局は放棄してしまいがちな怠け者の様に描写されているが、我々が興味深いと思ったのは、よく、雑誌側がこれほどまでにMcCalebの人生を調べ上げたかという点だ。記事では、McCalebと韓国人女性とのロマンスについても書かれている(韓国は現在、仮想通貨の購買熱の真っただ中にいる国だ)。結局の所、記事の意図に反して、我々は記事を読んだ後、McCalebに対してより強い好意を抱いた。我々は、善意あるプロジェクトが不可思議な方法で攻撃されることに、常に関心を持っている。多くの場合、その裏には何らかの意味があるからだ。

McCalebは元々Rippleを開発したが、 Rippleが企業権力者によって乗っ取られたと感じた時点で Stellarを開発した。2017年末、Rippleは巨大な集会を催したが、結果としては、多くの市場参加者を当惑させることになる。GoldMoney開発者のRoy Sebagは次のようにコメントしている(say): 「XRP [Ripple]は政府が推奨する仮想通貨だ。世界のエリートが何よりも望むのは、一般市民がだまされてRippleを仮想通貨として使用し始めることだ。私は数々の理由からRippleを信用していない。」

10月にRippleはトロントで会議を開き、同じくトロントで毎年開催されているSWIFT主催のSibosカンファレンスと注目を競い合った。Rippleのメインスピーカーは、他ならぬBen Bernanke、米国の連邦準備制度理事会の元議長である。その間にStellarは、IBMとのパートナーシップを発表し、Stellar の技術は既に南太平洋の国々における外貨決済で使用されている。

McCalebはRippleを立ち上げる以前にも仮想通貨に関与していた。彼は、有名なBitcoin取引所Mt. Goxを開設したが、元々Mt. Gox はゲーム「Magic: The Gathering」のカードを交換するウェブサイトとして想定されていた (それが名前の由来だ)。McCalebは2011年3月に、Mt. Goxの大部分 (88%) を東京都渋谷区在住のMark Karpelesに売り渡した。2013年/2014年にかけて、Mt. Goxは法律・銀行業務問題が浮上、またMt. Goxが所有していたBitcoinのほとんどが徐々に盗まれていたことが発覚したことから、Mt. Goxは次第に崩壊していった。

Mt. Gox の崩壊によって仮想通貨の市場全体が複数年にわたる深刻な下げ相場へと向かうことになる。McCalebがMt. Goxを売り渡した日付に注目してもらいたいのだが、2011年3月 は日本が東日本大震災と津波により甚大な被害を被ったのと同じ月である。日本の国民が、地震の被害から立ち直ろうとしている間にも、日本は、最初の/最大の仮想通貨取引所の運営権を取得したということになる。

Mt. Goxは 結局のところ崩壊したが、Mt. Goxが、仮想通貨をグローバルに取引をするための土台を日本に作ってくれたことは確かであり、そのプロセスは現在でも続いている。日本は2017年の初めにBitcoinを法定通貨と認定し、それが2017年にアジアで発生した購買熱を加熱させたのはほぼ間違いないだろう。 現在、Bitcoinでの支払いを受け付けている日本の小売店の数は増加傾向にあり、大手家電量販店もその一つに含まれる。また、合計15か所の仮想通貨取引所(15 different cryptocurrency exchanges)が日本政府の許認可を受けている。

同時期に中国はBitcoin の取引を禁止すると、中国人トレーダーの間では拠点を日本に移す(set up shop)動きが活発になり、日本の取引所が取引量において世界最大というトップの座に躍り出ることなった。中国は、自国で発展していた初期の仮想通貨会社全てを潰してしまったことを今後悔やむことになるだろう。

Stellarのほかにも、Emin Gün SirerによるBitcoin-NGのスケーラブル(拡張可能な)ブロックチェーン案を基盤とした、Wavesという有望な仮想通貨のプラットフォームがある。Wavesのブロックチェーンは、現在、世界最速の分散型ブロックチェーン(fastest decentralized blockchain)だと言われている。また、我々は Substratumプロジェクトにおいても地位を保持している。Substratumは検閲のない、分散型、ピアツーピアのインターネット版を目指している。

前回の報告では、Parity walletソフトウェア内のバグがハッキングに悪用され、複数の仮想通貨スタートアップ企業から、合計3000万ドル相当の仮想通貨が盗まれたということを述べた(盗難当時の価格なので今はそれを遥かに上回る)。興味深いことに、Parity walletからは最近またしても致命的なバグが発見され、約1億6000万ドル相当の仮想通貨資金が半永久的に、つまり、少なくとも開発コミュニティーが安全な解凍方法に合意できるまで、「凍結」されるという結果を招いた。

今回の災難で最大の被害を被ったのは、皮肉なことに、Gavin Wood/Parity Technologies自身のスタートアップ企業Polkadotで、1億ドル以上の資金が凍結された。Polkadot は全てのブロックチェーンをリンクさせるという「マスターブロックチェーン」なるものを開発しようとしている。おかしなことに、あれほど多額の資金へのアクセスを失った後でも、Polkadot プロジェクトは勢いが衰えることなく継続している。現在の仮想通貨市場の浅薄さがお分りいただけると思う。仮想通貨企業は、自分たちでもどうしていいか分からなくらいの額の資金を集めることが可能なのだ。

この問題についてbug reportは面白い記事を書いている。タイトルは「誰でもコントラクトを潰すことができる」というもので、そのすぐ後に「偶然潰してしまったんだ」というコメントが加えられている。要は、あるユーザーが、攻撃に対する脆弱性をソフトウェア内に見つけ、バグの可能性があると報告した。バグの報告はすぐに無視され、その後に報告をした当本人が、本当にバグが存在しているかどうか、また、バグがいたらその致命度がどれだけなのかを確かめようとした。彼は正しかった。最終的に、ソフトウェアのセキュリティーは完全に侵害され、何千万ドル相当という資金が凍結してしまったのである。

このように、ソフトウェアがオープンコードだからといって、致命的なバグを含んでいないとは限らない。 Bitcoinにも「裏口」がある、などと言っている人もいる。それは少し極端な考えだと思うが、それでも現在ある様々な仮想通貨システムには多くの致命的欠陥を含んでいる可能性があることは確かだ。したがってプロジェクトや企画書を分析する際に我々は、ソフトウェア設計の簡潔さに価値を置くようにしている。当然、シンプルなアプローチの方が致命的な欠陥を含んでいる可能性が低くなるからである。

とにかく、Parity walletに致命的なParityバグ/ハックが7月に発見された後も、Parity walletに資金を保管していて安心だと考える企業の見識は疑わなければならない。そこで我々はIconomiをポートフォリオから除外することにした。Iconomiの資金は最近のParityによる大失敗で資金を一部凍結されてしまった。仮想通貨の資金を管理する会社にとって、資金の保全は最優先事項の一つであるべきだ。加えて、Iconomiは良いプラットフォームを開発しているように見受けられるが、この分野ではまだまだ厳しい競争が続いており、Melonのような、別の資産運用プラットフォームも早急に登場している。従って、Iconomiは、我々のポートフォリオから除外する方が安全だと考える。

もう一つ、格下げの対象となった企業はChainLinkである。ChainLinkのアドバイザーの一人であるAri Juelsはデメテルのカルト(cult of Demeter)に所属しているようだ。また、このような小さなスタートアップ企業がなぜ、かの有名なSWIFTシステムと既に取引を行うことができるのか、また、なぜこの企業がWorld Economic Forumにおいて上幹部から称賛を浴びているのかが我々としては少し気になるところだ。

Bitcoinに「裏口」があると言う考えに関係なく、権力者が仮想通貨の隆盛を止めたいのなら、彼らは単純に人々の銀行口座を凍結させると言う「ice-nine」戦略に戻ると考える方が自然だ。2018年は、Bitcoinを犯罪者やテロリストの多くが使うツールとして描写するメディアの動きも再び出てくるかもしれない。記憶に新しいのは2013年に起こったシルクロード(Silk Road)の失態だが、この事件が理由でBitInstantの創始者Charlie Shremは刑務所へ送られる結果となった。 また最近の例としては、Bitcoinが奴隷貿易に使用されていることを、他ならぬヴァチカンが指摘(highlighted)している。ヴァチカンには、米ドルが奴隷貿易に使用されていることも、同じように指摘してほしいものである。

Charlie Shrem は(短期間)投獄されたが、BitInstant のパッシブな投資家たちは2013年の政府による介入・解体を無傷で逃れている。それは、先に記述したBitcoin Cashの強い支援者Roger Verや、Mark ZuckerbergがFacebookのアイデアを盗む前に、実際にFacebookを発案したことで有名なWinkelvosses兄弟(Winklevoss twins)などである。

最終的に笑うのは彼らかもしれない。2013年、Winkelvosses兄弟はZuckerbergとの訴訟に勝利し、結果として得た資金をBitcoinに投資した。彼らは今となっては、「Bitcoin 億万長者」にいち早くなった人たちとして知られている。 2015年、彼らは仮想通貨取引所 Geminiを創立し、この取引所は最近シカゴ・オプション取引所(CBOE)とパートナー契約を結び、初のBitcoinの先物取引を開始した。その1週間後に、シカゴの別の先物取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所がBitcoinの先物取引商品を発売したが、Bitcoin市場は即座に暴落し始めた。

先物商品による市場操作は確かに心配事ではあるが、これは金(ゴールド)の市場では何十年も前(decades)から行われてきたことである。

今回明確にしたいのは、我々は、Ben Goertzelが発案した仮想通貨AIプロジェクトSingularityNETには決して投資しないということだ。初期のコイン提供段階で、このプロジェクトは、気掛かりなほど巨額な資金(約1億5000万ドル)を受けている。企業資本によるAI(Googleなど)との競争は良いことだと考える方もいるかもしれないが、WDSの見識としては、Elon Musk の考えと同様で、AI への支援は無い方が賢明としている。前回の報告書でも記述したが、SingularityNETはロゴに無限大の記号の一種を使っているが、Parity Technologiesの昔のロゴのように、「壊れた」無限大のシンボルとして捉えることもできる。とにかく、我々は SingularityNET には投資しない。また、Lord Voldemort. のMimblewimbleプロジェクトにも投資しない。

現在のWDSの仮想通貨のポートフォリオを以下にまとめた。Ethereumトークンは実際保有していないが、我々はEthereumプラットフォームを強く支持している。ここにある多くのプロジェクトは Ethereum プラットフォームが基盤となっている。また、既述のようにEthereumは2017年に70倍という価格急騰を既に経験している。現時点において我々が注力しているのは、短期間で増価が見込める可能性の高い、小規模なプロジェクトで形成された、多様なポートフォリオを保持することだ。

Quantum Resistant Ledger: 量子コンピューティング対策のブロックチェーン

0x Protocol: 分散型取引所

Maecenas: 芸術

Basic Attention Token: 広告/出版

Swarm City: eコマース

Edgeless: ギャンブル

Substratum: 分散型インターネット

Ethos: SNS型投資プラットフォーム (Bitquenceから最近リブランドされた)

Stellar: 支払い

Waves: スケーラブル(拡張可能な)ブロックチェーン

Aeternity: 分散型アプリケーション

仮想通貨の世界や、金融市場情報全般、WDSポートフォリオの購買状況の最新情報などを知りたい方は、我々のツイッターアカウント@generalmilanをフォローしてほしい。

The post ホワイト・ドラゴン・ソサエティー 仮想通貨ポートフォリオの最新情報 (2018年1月4日) appeared first on Weekly Geo-Political News and Analysis.

The Event Chronicle is SHADOW BANNED on Facebook. Please SHARE to help fight censorship!
Share.

1 Comment

  1. Haha. Cool! I’m not yet so well educated that I learned japanese. But I can recognize it now. Thanks. Maria